「地域応援隊」発隊式

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2018.5.18
再生時間
2:31

別府市職員が地域活動に取り組む
「地域応援隊」を結成しその発隊式が行われました。

別府市は、市民と行政がお互いに協力する
「協働のまちづくり」を推進するために
職員が日頃から地域の一員として地域活動に取り組む
「地域応援隊」を結成することになりました。

その発隊式が16日、別府市役所の市民広場で行われ、
参加する職員と各地区の自治委員
およそ200人が参加しました。

別府市は人口減少や少子高齢化により
地域運営の担い手不足など
地域における課題は複雑になり、また多様化しています。

そこで地域の一員でもある別府市の職員が
日頃から意識を持って業務に取り組み
自主的に地域活動へ参加することによって
地域との交流の機会を増やしていこうというものです。


「地域応援隊」となる職員は自治振興課で隊員登録を行い、
地域からの要請を受けてボランティアとして地域行事に参加。

現在、再任用の職員を含む正規職員963名のうち
およそ17%にあたる165人が登録しています。

応援隊は中学校区単位で7つの地域に隊長を、
旧小学校区の17地域に副隊長を置き、
主に、職員の居住区での活動を行います。

これまでも地域活動に参加する職員はいましたが
さらに積極的に関わることにより、
地域の活性化が図られるだけではなく
地域の人と、職員が、顔の見える付き合いができることで
その地域が抱えている課題や問題点を
早い段階で把握でき、スムーズに解決することが可能となります。


今回の取り組みによって市民と行政が相互の協力をする
協働のまちづくりが促進されることに
期待がもたれています。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2018年5月16日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
行政
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー