ロトルア市 30周年記念絵画

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.8.7
再生時間
1:11

別府市と姉妹都市のニュージーランド・ロトルア市から、
姉妹都市提携30周年の記念として寄贈された
絵画の展示が行われています。

ロトルア市は、温泉観光都市として間欠泉とマオリ文化が有名で、
別府市は、官民挙げて相互交流を続けています。
この絵画は、ロトルア市職員でアーティストでもある
サリースミスさんが描き、今年6月に別府市の訪問団が
現地を訪れた際に寄贈されたものです。
モチーフは、2人の若い「姉妹」が、
厳然と聖なる力を持って、背中合わせに立っています。
2人は、ロトルアと別府の市民を表しており、
お互いの都市の絆を象徴しています。
花に描かれた勾玉のような宝石は、人生のどこまでも続いていく道を意味し、
2人の絆の深さや忠誠心、友情を表現しています。

日本人女性が見ているのは、タンチョウヅル。
安全で繁華な水辺をマオリ族のご加護の下、恐れることなく歩いています。
水平線には、太陽が昇り新しい局面をイメージしているとのことです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年8月7日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
文化・歴史/アート/行政
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー