新移動図書館車お披露目

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.3.28
再生時間
2:18

別府市役所で新しい移動図書館車の
お披露目式が行われました。

平成8年から約20年間におよび別府市民に本を届けてきた移動図書館車
「ロータリー号」が老朽化により廃車となりました。
それに伴いこの度、新しい移動図書館車が納入され、
別府市役所でお披露目式が行われました。
式には別府市長をはじめ、副市長や教育長、図書館長、山の手小学校の児童など
関係者およそ50人が出席しました。

長野恭紘別府市長は、「今回の移動図書館車は、
移動カフェの様なおしゃれな作りになっています。
一人でも多くのみなさんに使って頂き
この移動図書館車が、意味や価値のあるものになると
期待しています。」と挨拶しました。
この新しい移動図書館車の名前は、「ゆのまち別府の移動図書館車」で、
別府市が世界に誇る温泉の様にみんなが集い、ほっこり出来る場所であって欲しい」
という願いを込められています。

以前の移動図書館車は、マイクロバスタイプでしたが、
今回は車体をトラックに変更。
それにより本の搭載数が最大3500冊と
大幅に増え、雨の日に側面の本棚を閲覧できるよう
可動式の屋根が設置されました。

別府市立図書館の司書によると、
「最近は、こどもの利用者が減っていると感じるので、
これをきっかけにたくさんの人たちに来て頂きたい」と話していました。
この、まちの魅力がギュッと詰まった新しい移動図書館車は、
たくさんの本を乗せて別府市内を走ります。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年3月27日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
文化・歴史/行政
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー