区営温泉管理者意見交換会

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.2.23
再生時間
2:12

共同温泉の運営に関して、
温泉管理者やその関係者が集まり、
意見交換会を開きました。

これは、共同温泉が抱える
様々な課題や現状について意見交換を行い、
より良い共同温泉の運営を目指して開かれたものです。
会場には、市内の区営温泉管理者やその関係者、
温泉課の職員など、およそ60人が参加。
初めに、阿南寿和副市長が
「共同温泉を取り巻く環境は、利用者の減少や建物の老朽化など
様々な課題があります。
議論を深め、今後の方向を探っていきたい」と挨拶しました。

NPO法人別府八湯温泉道名人会の佐藤正敏理事長が、
管理方法や利用者、料金などについて書かれた
「共同浴場に関するアンケート調査」の結果を報告。
共同温泉の維持管理が大変ですが、
利用者の事を考えると入浴料金を上げられないなどの
温泉管理者の悩みが浮き彫りとなりました。

意見交換会では、区営温泉管理者たちが市に対して、
70歳以上の無料入浴優待券についての意見や、
温泉施設の老朽化に伴う改修費用などの要望がでたり、
区営温泉管理者同士で、運営方法など活発な情報交換を行いました。
今回出席した参加者は、「この意見交換会で、気になっていた事を質問出来たり、
ほかの共同温泉の状況などが聞けたりと非常に参考になりました。
ぜひ毎年してほしいです」と話していました。
また、市の担当者は、「およそ10年ぶりの開催ということで、
市への要望をたくさんいただきました。
『共同温泉文化』を継承していくために、今回のご意見を検討し、
これから別府市に出来ることを考えていきたいと思います」と
話していました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年2月20日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
行政
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー