境川にこいのぼりを設置

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.4.15
再生時間
2:32

別府市の境川にこいのぼりが
今年も設置されました。

毎年この時期に、境川に
こいのぼりを設置しているのは
境川沿いの14の自治会で結成する
「境川を守る会」のみなさんです。

このこいのぼりは「べっぷ鶴見岳一気登山大会」の
参加者を応援する意味も込めています。

昨年に引き続き、今年も大会は中止になりました。
しかし、市民のみなさんに春を感じてもらおうと
こいのぼりを設置することになりました。

設置は、各自治会ごとに行われていますが、
東荘園では11日に作業が行われました。

この日は、東荘園青壮年会のメンバー21人が
午前8時に野口原公園に集合し、作業を開始。

ワイヤーに予め取り付けられたこいのぼりを15人で持ち、
飛び石づたいに川を横断していきました。
途中、川の中に入ることもあることから
長靴を着用しての作業となりました。

これまで両岸のワイヤーを人の力によって張っていたのですが
昨年より、ウインチと言われる巻き上げ機を導入したことにより
短時間で設置作業が行えるようになったそうです。
この日も、わずか30分ほどで設置が完了しました。

風に乗って泳ぐ境川のこいのぼりは別府の春の風物詩です。
東荘園では5月8日まで設置しているということです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年4月11日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
風景
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー