横津神社で春季大祭

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.4.10
再生時間
2:32

「横津様」の愛称で地域の人に親しまれている
日出町の横津神社で春の大祭が開かれました。

横津神社では日出藩の 第3代木下俊長公を偲んで
春季大祭が開かれました。

俊長公は、江戸時代に日出藩を治め、
学問を推奨し治水などで力を発揮するなど
名君として知られており、横津神社の祭神として祀られています。

春季大祭では はじめに国東神楽の皆さんが神楽を奉納しました。

神事では地元の氏子や日出町の関係者など
およそ20人が出席し玉串を奉げました。

続いて、現在 東京にお住まいの俊長公の子孫 
第19代 木下崇俊さんがあいさつしました。

お昼時には、日出暘谷ひょっとこ踊り愛好会による
ひょっとこ踊りが披露されました。

この日は午後3時すぎまで神楽や餅まきなどが行われ、
集まった人たちは楽しいひと時を過ごしていました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年4月8日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント/文化・歴史
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー