天間八幡神社で春季大祭

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2019.4.4
再生時間
2:39

別府市天間の天間八幡神社で地域住民の
無病息災などを願う春季大祭が行われました。

別府市天間には、42世帯82人が暮らしています。
かつてこの地域には、色々な神社がありましたが、
今からおよそ300年前の1714年にまとめて祀るようになり、
現在の「天間八幡神社」に至っています。
1920年には、神楽殿の奥に本殿が建てられ、
毎年、春夏秋冬と年4回大祭が開かれていましたが、
およそ20年前から人口減少などにより
春の年1回のみ行われるようになりました。
3月31日に行われた春季大祭には、
神社の総代や自治会関係者などが出席。
神事では、市内の八幡竈門神社の神職が祝詞を上げ、
出席者は、玉串を捧げて、地域住民の無病息災や五穀豊穣を願いました。

神事の後には、別府市で唯一現存する
「かまど神楽」のメンバー11人が舞を披露。
境内には、次第に人が集まり
神楽殿で繰り広げられる勇壮な舞に見入っていました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2019年3月31日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー