べっぷ浜脇薬師祭り

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2018.8.27
再生時間
2:52

別府市浜脇の歴史ある夏祭り「べっぷ浜脇薬師祭り」が
今年も24日から26日までの3日間開かれ、
地元の人や見物人で賑わいました。

別府市浜脇に湧く温泉は病気が治る温泉として、
古くから有名でした。
この地域では、病気を治すご利益があるとされる薬師如来が
1400年以上前から祀られており、
「べっぷ浜脇薬師祭り」はこの仏様を祀り、
湯治客を慰めようと始まったものです。
初日の24日、初めに、仏像が祀られているお堂の前で法要が行われ、
薬師如来を信仰する地元の人達が、
僧侶の読経の中、手を合わせて拝んでいました。

そして、拝んだ人にはお接待が行われ、
まんじゅうやスナック菓子が配られました。

この祭りでは、湯治客を楽しませるために始まった
「風流見立て細工」が名物の一つです。
「風流見立て細工」では、日用品を使って
様々なものに見立てた作品が並びます。
今年は、キャラクターに見立てたものや、
スポーツイベントを再現したものなど、
地元の自治会や団体、保育園などがアイディアを込めた25点が
祭り会場周辺に並び、見物客の目を楽しませていました。

そして、祭りにはお化け屋敷もあり、
今年ここで受付をしたのは別府市役所の職員です。
別府市は今年度、地域活動に参加する
「地域応援隊」を職員で結成しました。
祭りには、準備作業から職員のべおよそ30人が参加。
準備から関わるなど、この規模の活動は
隊が結成されて以来、初めてだということです。
職員たちが子どもたちを見送ると、
お化け屋敷の中からは子どもたちの叫び声が響いていました。

祭りでは、この他にも、2日目に「花魁道中」、
3日目に盆踊り大会などが行われました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2018年8月24日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー