世界温泉地サミット

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2018.5.28
再生時間
2:41

世界の温泉地のリーダーが集い、
地域発展の可能性を議論する世界温泉地サミットが
25日から3日間開かれました。

このサミットは、「世界の温泉地が拓く地域発展の可能性
~温泉がつなぐ地域資源の多様な活用方法~」を
テーマに、それぞれの地域で育んできた
温泉文化や温泉資源の活用事例を共有するとともに、
温泉の新たな可能性について議論する、
世界初となる温泉の国際会議です。
温泉があるアイスランドやイタリア、ベトナムなど
海外16カ国17地域と国内75の自治体の関係者およそ1000人が参加。
26日には、全体会議が行われ、始めに大分県などでつくる
実行委員会の広瀬勝貞会長が挨拶しました。

午前中は、前の国連世界観光機関
アフィリエイトメンバー部門長のヨランダ・ペルドモさんが、
「サステイナブル・ツーリズムと
世界の温泉地の更なる発展可能性」と題して講演しました。
ヨランダさんは、200万人の人口に対し、
400万人の観光客が訪れる
スペイン領のカナリア諸島の例を挙げ、
「家族」「健康」など4つをテーマに、
スパやスポーツ、ネイチャーツアーを楽しむ戦略を紹介。
「既にあるものからインスピレーションをもらい、新しいものをつくる。
温泉とガストロノミーの組み合わせは、世界の人を魅了する」などと話しました。

続いて、各国の観光誘致や温泉保養の事例報告も行われました。
最後に温泉地の発展、観光振興、サミットの継続などを
盛り込んだサミット宣言が採択されました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2018年5月26日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント/観光
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー