志高湖開き

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2018.3.19
再生時間
2:15

志高湖で湖開きが行われ、神事のほか、
ボートの無料開放がありました。

志高湖は標高およそ600メートルにあり、
ボートやキャンプ場を利用する人など、
年間17万を超える人が訪れます。
17日には、これからの本格的な行楽シーズンの始まりを前に
湖開きが行われました。
湖の畔で行われた神事には、
湖を管理する別府市綜合振興センターの職員が参列。

八幡朝見神社の神職が祝詞を上げたあと、
センターの職員たちがこれから一年の安全を願って玉串を捧げました。
最後に、神職が湖に向かってお祓いをしました。

神事の後には、冬の間休業していたボートの営業が再開され、
午後3時半まで無料で開放されました。
この日、志高湖の気温は午前9時には零度でしたが、
正午には、8度まで上昇。
少し肌寒い中、大勢の家族連れやカップルなどが
アヒルやクジラの形をした足こぎボートや
手こぎボートに乗り、湖畔の景色を楽しんだり、水鳥と戯れたりしていました。

志高湖には、桜の木がおよそ600本あり、
例年4月初旬に開花します。
4月7日に「桜まつり」が開かれ、
ウォークラリーや太鼓の演奏、お茶の無料配布などが
行われるということです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2018年3月17日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント/自然
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー