初せり

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2018.1.5
再生時間
2:38

別府市公設地方卸売市場で初せりが行われ、
多くの買受人たちが目当てのものを次々に
競り落としていました。

卸売市場の中で今年最初にせりを開始したのは魚市場です。
5日午前6時15分から
水産部門の初せり式が開かれました。

今年一年の商売繁盛を願い全員で手締めを行った後、
いよいよせりがスタート。
せりが始まると買受人たちは
今朝水揚げされたばかりの新鮮な魚介類を
次々にせり落としていました。
別府魚市の白石峰広社長は、昨年、夏から秋のシーズンは、
台風や長雨の影響で漁獲量が落ち込んでいましたが、
今シーズンの漁獲量は、例年通り回復しました。
今後は消費拡大を進める上で
地域のみなさんにどんどん魚をたべて欲しい」と話していました。
水産部に続いて青果部でも初せり式が行われ、
別府青果の牧和夫社長が挨拶しました。

その後、手締めが行われました。

初せりには、旬の野菜や春の七草セットが並び、
競り人の呼びかけとともに品物が売り買いされていました。

牧社長は「今年は卸売市場法の大きな改正が考えられ、
厳しい状況が続いていくが、安心安全な青果物の安定供給を目指し
集荷・販売に取り組んでいきたい」と話していました。

午後からは花市場で
花きの初せり式も行われたという事です。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2018年1月5日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー