南部地区公民館で自主防災訓練

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.9.14
再生時間
2:30

南部地区公民館で利用者と地域住民が参加して
自主防災訓練が行われました。

この訓練は、公民館で火災が発生した場合、
利用者の避難誘導を円滑に行うことを目的に
南部地区公民館が開いたものです。
この日は、南部地区公民館利用者のほか、
隣接する温泉施設職員やデイサービス利用者、
浜脇1丁目1区・2区の住民、別府市消防署の隊員など
約80人が参加しました。

別府市消防署の安森亮太小隊長が
「スムーズな避難訓練ができました。
実際の火災の時も訓練同様、落ち着いて行動してください」
と訓練講評をしました。

引き続き、消防隊員による消火器取り扱い説明のあと
訓練用の水(みず)消火器を使って
『初期消火』の訓練が行われました。

地域住民を対象にした救命講習では、隊員が人形を使い、
意識や呼吸があるかどうかの確認、心臓マッサージ、人工呼吸の仕方、
AEDの取り扱い方を説明しました。
隊員は、「救急車が到着するまで約7分かかります。
その間、何もしないと、助かる命も助けられません。
万が一、居合わせた場合、救命処置が行えるよう、
胸骨圧迫、いわゆる心臓マッサージの方法を
身に付けてほしい」などと話しました。
参加者は、隊員の指導を受けながら、
実際に心臓マッサージなどを体験しました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年9月9日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー