油屋熊八翁碑前祭

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2016.11.4
再生時間
2:07

別府観光の父として知られる油屋熊八翁の功績をたたえる
碑前祭が行われました。

油屋熊八翁は「山は富士 海は瀬戸内 湯は別府」という
キャッチフレーズを考案し、日本初のバスガイドの導入や
温泉マークの普及など大正から昭和初期にかけて別府観光の礎を築きました。

1日の火曜日には別府公園にある記念碑の前で碑前祭が行われ
親族をはじめ、別府市や熊八翁の故郷である
愛媛県の宇和島市観光協会の職員など関係者およそ80人が出席。
はじめに神事が行われ祭詞が奏上された後、
関係者が玉ぐしをささげました。

続いて、顕彰会会長の長野市長の代理として阿南副市長が
「別府観光の礎を築いてくれた油屋熊八翁の偉大さやおもてなしの心を
しっかりと受け継いでいきたいと思います。」とあいさつ。
最後には遺族を代表して油屋 正一さんがお礼の言葉を述べました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2016年11月1日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント/観光/人物
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー