新別府自治会と福祉施設が合同防災訓練

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2018.10.25
再生時間
2:06

新別府自治会と福祉施設の
合同防災訓練が行われました。

この訓練は、いつ発生するか分からない災害に備えて
地区全体で防災意識を高めていこうと
新別府自治会とグループホーム一燈園が毎年行っているものです。
6回目を迎える今回の訓練には地域住民や、別府市消防本部の隊員など
およそ70人が参加。
この日は夜間、福祉施設の3階で火事が発生したという想定で訓練が実施され
自力で避難することが難しい人の避難誘導や連絡系統の確認などが行われました。

参加者はこの他にも水消火器を使用した消火訓練を行ったり
煙が充満しているテントに入り息苦しさや視界の悪さなど
火災時の煙の怖さを体験したりしました。

訓練の後には県内各地で防災に関する講演を行っている
大分県防災アドバイザーの甲斐(かい) 正司(しょうじ)さんが
「命を守る地域の絆」というテーマで防災講話を実施。
甲斐さんは「防災で特に大切な事は町づくりや人づくりなど
地域の絆です。災害が発生した時には行政に頼るのではなく
地域の人達で助け合って乗り越えていかないといけない」と
地域の輪の重要性について話しました。
新別府自治会の伊藤 敏幸会長は「今回の訓練を機に地域の輪が広がり
防災への意識が高まってほしい」と話していました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2018年10月21日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
その他
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー