小学生が留学生と国際交流

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2016.6.22
再生時間
2:46

日出町の小学生が留学生との交流を通じて
海外の文化に触れる催しが開かれました。

この交流会は町内の子どもに海外の文化に触れてもらいたいと
日出町が開いたものです。
小学3年生と4年生、32人が参加し、立命館アジア太平洋大学のスリランカ、インドネシア、
タイからの留学生と触れ合いました。

交流会では、打ち解け合うためのゲームをした後、
留学生がそれぞれの国の食べ物や伝統的な衣装などを説明。
続けて、母国で最近流行っている歌を披露したり、
子ども達と伝統的な遊びをしたりしました。

この内、タイの紹介で行われたのは
伝統的な祭りで使われる紙でできた飾り作りです。

子ども達は6色ある紙から好きなものを2色選んだ後、
紙を折り畳んだり、ハサミで切りこみを入れたりし、
分からないことは留学生に尋ねながら
クラゲのような形をした飾りを作っていました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2016年6月19日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育/文化・歴史
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー