園児がイチゴ収穫体験

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2016.6.3
再生時間
1:54

日出町内の幼稚園児が真っ赤に熟したイチゴの収穫体験をしました。

これは、日出町大神でイチゴを栽培している岩城 保さんが
子どもたちにイチゴの収穫を通して食についての関心を持ってもらおうと
収穫期の終わりに、毎年企画しているものです。

この日は、川崎幼稚園と大神幼稚園の
園児43人が参加しました。
800平方メートルの広さがある
ビニールハウスの中では、イチゴの品種である
「さがほのか」が栽培されています。
この「さがほのか」は、酸味が控えめで、食べた瞬間、口いっぱいに甘みが広がり
香りもよく日持ちが良いのが特徴です。
園児は、鈴なりになっているイチゴの中から真っ赤で大きなものを狙って
ひとつひとつ丁寧に摘み取り、その場で味わっていました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2016年6月1日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー