溝部 ワンプレート大会

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.2.12
再生時間
2:34

調理や栄養について学んでいる別府溝部学園高校2年生が
これまでの学習の成果を込めた一皿を
保護者に振る舞いました。

別府溝部学園高校の食物科では、1年生で和食を、
2年生では洋食、中華、菓子、パン作りを学びます。
そして、その2年間の学習成果を発表する場として、
共通の一皿に各自が決めたテーマで創作料理を作る
ワンプレート大会が開かれています。

10日に開かれた大会には食物科の2年生32人が参加。
例年は、参加する生徒全員で一斉に調理しますが、
今年の大会は新型コロナウイルス感染予防のため、
生徒を2班に分けて、
大会の進行を2回繰り返す形で行われました。

生徒たちは、材料費1500円以内というルールの中、
それぞれが決めたテーマに合うよう、メニューを考案。
この日、1時間の調理時間で手際よく9品を作り、
皿に盛り付けました。

この日の大会では、例年ある料理の当日審査は行われず、
各家庭から保護者1人が招待され、
生徒が作った料理の振る舞いのみが行われました。

それぞれの料理は生徒たちが用意した料理の説明書きや
保護者へのメッセージなどで飾り付けられていました。

今年度、食物科ではこの大会まで、新型コロナのために
授業参観は行われていません。
この日招待された保護者は、今年度初めて見る
子どもの学習の成果を一緒に味わいながら、
料理の味などについて話していました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年2月10日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
グルメ/教育
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー