日本学生科学賞 受賞報告会

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2020.1.15
再生時間
1:55

山の手中学校の本田海渡さんが
第63回日本学生科学賞の文部科学大臣賞に選ばれ、
受賞の報告に市役所を訪れました。

本田海渡さんは「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に
対して与えられるイグ・ノーベル賞を受賞した
カエルを磁石で浮かせる実験をヒントに
物を浮かせるためにはどうすればよいか
夏休みの間一人で研究を行ってきました。
そして、磁石の力を使って物体を浮かせる研究を
中・高生を対象とした理科教育の公募コンクールで
最も伝統と権威がある「日本学生科学賞」に発表。
中学生個人の部で全国第2位にあたる
文部科学大臣賞を受賞しました。

本田さんは学校関係者や保護者と市役所を訪れ、
磁石の力でシャープペンシルの芯を浮かせる実験を
長野恭紘市長の前で実演。
長野市長は「このような研究を考え付く事がすごい」と
本田さんの受賞をたたえました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2020年1月10日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育/人物
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー