留学生が書道を学ぶ

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2019.1.31
再生時間
1:59

別府溝部学園短期大学に通う留学生を対象にした
書道教室が開催されました。

この教室は別府溝部学園短期大学に通う留学生に
日本の漢字文化を学んでもらおうと
別府中央ロータリークラブが初めて開催したものです。
書道教室にはライフデザイン総合学科 日本語教育コースに通う
中国人留学生 14人が参加。
講師には大分県内を中心に書道の普及活動を行っている
書道家の荒金大琳さんを迎え
漢字の成り立ちや筆を使った字の書き方などを留学生に教えました。

荒金さんは「現在の日本では書道という文化が
廃れてきています。書道文化の発祥の地である
中国出身のみなさんには
今回だけでなく今後も書道を続けていってもらい
少しでも多くの人に書道の魅力を
伝えていってもらいたいと思います。」と講演。
続いて、留学生は漢字の成り立ちなどを教えてもらいながら
字を書き書道について学んでいました。

この日は中国人留学生以外にも
ネパールやスリランカなどの留学生が
書道について学んだということです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2019年1月29日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー