「食育カフェ」で食育を学ぶ

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2018.8.16
再生時間
2:22

大学生が食育について学び、実践する「食育カフェ」が行われ、
学生たちが大分県の郷土料理の作り方を教わりました。

食育カフェは、学生達が食についての学習や意見交換などを行い、
学生自身が食育活動を実践する場として
大分県東部保健所が行っているものです。
8日には、大分県の郷土料理の調理実習が行われ、
別府大学の学生21人が参加。

21人がこの日、調理したのは、
「鶏飯」、「椎茸の白和え」、「やせうま」の3品です。

学生たちは、食を通じた健康づくりを目指して活動するボランティア、
「ヘルスメイト」の人たちから効率の良い野菜の切り方や
だんごの伸ばし方などを教わりながら、郷土料理の作り方を学んでいました。

およそ1時間半ほどで3品が完成。
学生たちは自分達が作った料理を
調理を教えてくれたヘルスメイトの人たちと並んで食べていました。

学生たちはこの後、大学生が抱える食の問題を学んだほか、
これからの活動について話し合いました。
食育カフェでは今後、行政や市内の大学が行うイベントに
ブースを出展したり、保育所で食育の教室を開いたりするということです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2018年8月8日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー