統合中学校について意見聴取

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.2.17
再生時間
2:26

別府市が進めている山の手、浜脇両中学校の統合に関して
意見を聞く会が開かれました。

新しい中学校の設計が始まる前に開かれた
この意見を聞く会は15日には、山の手中学校の校区で、
16日には、浜脇中学校の校区で開かれました。
山の手中学校区を対象とする会には、保護者をはじめ、
地元自治会や学校関係者など20人が集まりました。
別府市は子どもの数に合わせて学校の規模を適正化するため、
山の手中学校と浜脇中学校を統合し、新しい中学校を
平成33年4月に開校させることを目指しています。
土地は中島町にある西小学校・幼稚園の跡地を利用し、
秋葉通りの一部は学校の敷地に取り込まれます。

会では、集まった人たちが市の担当者や
設計を請け負う会社に対して意見を述べました。

その中では、
・近隣の住宅や施設に配慮した校舎の配置にすること、
・校区が広くなり、車での送り迎えや、
避難所としての利用も考えられるため、広い駐車場を設けること、
・今年度開校した山の手小学校の実情を踏まえ、
デザインよりも、子どもが利用しやすい形にすること
などの意見が挙がりました。

別府市は今後も意見を聞く会や説明会を開くことにしており、
平成30年度には元西小学校・幼稚園の建物を解体。
31年度から新校舎を建設する予定です。

また、新しい中学校の校区は今月中に決まることになっています。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年2月15日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育/行政
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー