うどん祭り

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.7.3
再生時間
2:30

日出町の藤原地区にある清水で
田植えの後に水の神様に感謝する
「うどん祭り」が行われました。

日出町藤原地区の清水では、江戸時代から、
田植えが終わったこの時期に水の神様に感謝し、五穀豊穣を願って
「うどん祭り」を毎年行っています。
2日には、かつて水が湧いていた所にある祠の前で神事が行われ、
神職が祝詞を奉げた後、地元の住民などが玉ぐしを供えました。

地元の住民によると、ここ清水は稲作が盛んに行われてきましたが、
麦を育てるのには向かない土壌をしているということです。
そのため、田植えが終わった後には、水の神様に
かつては貴重だった麦で作った料理を供えていました。
現在、その風習は、水の神様に感謝を伝え、
田植えの労を住民同士でねぎらうためにうどんを食べるという形で
残っています。

神事の後、公民館には、地元の住民などおよそ30人が集まり、
うどんを食べながら会話を弾ませていました。

清水の人たちは、住民たちの結束の印である「うどん祭り」を
今後も後世に残していきたいと考えています。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年7月2日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント/文化・歴史
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー