信濃屋 曳家が完了

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2018.10.23
再生時間
1:35

別府市にある喫茶店
「茶房信濃屋」で県道の拡幅工事に伴う
取り壊しを免れるために行った曳家の作業が完了しました。

別府市西野口町にある喫茶店「茶房 信濃屋」の建物は
昭和の初めに福岡県の炭鉱主が別荘として建てたもので、
大正から昭和にかけて別府市に栄えた
別荘文化を今に残す数少ない建物の一つです。

しかし、店の前を通る県道の拡幅工事のために
その土地の半分ほどが収用されることになりました。

そこで、店の所有者は、保存のために、
建物を解体せずに移動させる「曳家」を
6月下旬から開始。
建物は当初あった位置から、90度回転し、
建物の中心が北西におよそ20メートル移動して、
9月5日には、新たに作った基礎の上に到達しました。

その後、曳家によって生じた建物の歪みを矯正しながら、
建物を下に降ろし、今月17日には、
建物の東側が基礎に接地したことに加え、
曳家のために取り付けられていたレールが全て外されました。

翌18日には、西側も接地し、曳家の作業が全て完了。

今後は床下や柱の補修のほか、建物北側を増築し、
店の再オープンは来年の春を予定しています。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
文化・歴史
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー