八坂神社創建1300年

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.11.21
再生時間
2:00

別府市朝見にある八坂神社創建1300年を記念した
大祭が行われました。

八坂神社は、疫病封じのため、717年に、
京都祇園社を乙原に祀ったことが始まりで、
その後、1192年に現在の場所に鎮座しました。
境内には、イチョウやムクなどの大きなご神木がそびえたっています。
毎年7月には、無病息災の願いを込めて始められた夏まつりが行われ、
朝見地域の人たちに親しまれています。
この日は、神社創建1300年を記念した大祭が開かれ、
八坂神社宮総代会や氏子、地域の人たち約40人が参列しました。
八幡朝見神社の神職が神事を執り行い、
祝詞奏上の後、参列者が玉串を捧げました。

神事の後、参列者全員に紅白餅が配られ創建1300年を祝いました。
宮総代会の会長・大野満田郎さんは、
「本日、大祭を無事に終えることができました。
また、このたび地域の人たちから奉賛金を頂いて、本殿を改修致しました。
今後も、宮総代会の皆さんと一緒になって
維持管理に努めていきたい」と話していました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年11月19日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント/文化・歴史
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー