南小学校区おんせんめぐり

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.7.19
再生時間
2:17

別府市立南小学校の児童が
校区内のおんせんをめぐりました。

この日、校区内温泉めぐりをしたのは3年生41人です。
3年生は「校区を知ろう」という学習に取り組んでおり、
昨年はツーリズム浜脇の方と
校区内のお寺や古い家屋を見学しました。
今年の3年生は、校区内の温泉をめぐろうと計画。
講師は、校区内在住の別府八湯温泉道 初代・泉聖の指原勇さんです。

子どもたちは指原さんの案内で朝見三丁目にある温泉タンクを見学。
浜脇地区に温泉を供給しているタンクの大きさに驚いていました。

そして朝見温泉、八幡温泉、山田温泉、蓮田温泉と巡りながら、
生活に密着した温泉文化について勉強しました。

子どもたちに先生がアンケートを取ると、
「いつも共同温泉を利用している」が20%、
「たまに利用する」が70%、
「一度も利用したことのない」が10%もいました。
この数字から家にお風呂のある家庭が増えて、
共同温泉を利用する機会が減ったことが伺われます。

最後に訪れたのは「住吉温泉」で、
管理者のご厚意により、浴槽を見学しました。
お湯張り途中の温泉に手を入れて、
お湯の温度や浴槽の深さを体験しました。

この日の気温は30度を超える暑い日でしたが、
子どもたちはとても興味を持って学習に取り組んでいました。

この日に勉強したことをもとに
子どもたちは2学期に「温泉マップ」を作成するそうです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年7月13日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
文化・歴史
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー