諸流いけばな展

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2016.9.6
再生時間
3:24

華道の4つの流派が作品を発表する作品展が
別府市内の商業施設で開かれました。

この作品展は、別府いけばな協会が開きました。
協会には、池坊、いけばな一葉会、小原流、草月の4つの流派が所属しています。
市内にある商業施設で開かれた作品展には、各流派の師範やその弟子が作品60点を出品。
花が立つように生けたり、器に盛るように生けたりと、流派それぞれの特徴が表れた作品が並びました。

生け花の世界では、季節を先取って花を選び、それを生けるとされています。
2日と3日に開かれた作品展では、コスモスやリンドウ、コバンソウなどの秋の草花が会場を彩り、
買い物客など、訪れた人の目を楽しませていました。

作品展では、会場を訪れた人向けに生け花の体験会も行われました。
集まった人たちはガーベラやトルコキキョウなどを使い、
「トピアリー」と呼ばれる上下の立体的な美しさを表現する生け方を体験。
剪定(せんてい)ばさみで茎(くき)を切って長さを調整し、講師を務めた
別府いけばな協会の恒松 惠典 会長から「綺麗!」や「上手!」と声をかけられると、
うれしそうに花を生けていました。

生け花体験の後には、ランを使ったコサージュ作り体験も行われました。
別府いけばな協会では、作品展や体験会を通じて、
幅広い世代の人が古典的な生け方で表現された作品を見ることで
気持ちを豊かにし、また、実際に触れ合うことで花に親しんでもらい、
将来、花に携わる人が増えてほしいと考えています。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2016年9月3日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育/文化・歴史/アート
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー