豊後絞り藍染め展

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2019.5.23
再生時間
2:25

日出町の深見記念館で藍染の作品展が開かれています。

この作品展は、別府市スパランド豊海に
お住まいの田中雅夫さんが多く人に藍染を知ってもらうと共に、
5月は自身が誕生日を迎えるということで、
毎年この時期に開いているものです。

田中さんは、大阪で働いていましたが
旅行で別府を訪れた時に、温泉の魅力を感じ
23年前、別府に移住しました。

そして、定年退職を機に、現代の名工とうたわれる
古庄理一郎さんの指導のもと藍染を学び、
これまで数々の賞を受賞しています。

藍染は、藍に浸した布を絞り空気に触れさせることで
布が緑色から藍色に変化し、この工程を繰り返すことで、
濃淡をつけていきます。

また、藍染をすることによって布の耐久性が上がり、
虫や蛇を寄せつけないことから山や畑作業にも重宝されています。

会場には、服や帽子、掛け軸など
およそ200点の藍染作品が展示されています。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2019年5月18日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
アート
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー