歩きながら展 最終回

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2016.5.11
再生時間
2:31

日出町にお住まいのものづくり作家・
岩﨑道恵さんによる作品展が開かれています。

岩﨑道恵さんは幼い頃から、落書きをすることが好きで、
学生時代、バイト先のメニュー表などに
挿絵を描いたことがきっかけで本格的に作品作りを始めました。
2002年5月、今まで作ってきた作品を多くの人たちに見てもらいたいと
日出町で一回目の「歩きながら展」という個展を開催。
「歩きながら展」という名前には、「歩きながら、買い物をしながら、
おしゃべりしながら、気軽に作品を楽しんでほしい」という
思いが込められています。
それ以来、毎年5月に個展を開いてきた岩﨑さんですが、
作品に対する想いが募りすぎて描きづらくなったことから、
今後は、ぼちぼち描いていこうと決心したそうです。

今回、個展として16回目を数える最終回では、
身の回りの草花などを描いた水彩画に短い詩が添えられた作品や、
3年前から始めたというお茶碗やぐい呑みなどの陶芸品、
小麦粉袋や新聞紙などの廃材を利用したエコバッグ、布小物、ポストカードなど
約50点が展示されています。

中でも5月26日は岩﨑さんの誕生日で、その日の誕生花である
オリーブを題材にして描いた作品は、最終回にふさわしい思い入れのあるものに
仕上がっています。

また会場には、これまで開いた16回の個展を振り返る場所も用意されています。
歩きながら展を始めてから草の名前を一杯覚えたと言う岩﨑さんは、
「自然豊かな日出町が大好きです。
描くのも、作るのも、歩きながら展を始める前からしていたことなので続けます。
また、いいのができたら飾ってもらいますので、日出町にお立ち寄りください。
どこかでいつかお会いしましょう」と話していました。
この「歩きながら展 其の十六 最終回」は日出町商店街の「うつわやはしもと」で
5月31日の火曜日まで開かれています。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2016年5月6日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
アート
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー