県ジュニアデザイン展 推奨作品展

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2020.8.10
再生時間
2:31

昨年度の「大分県ジュニアデザイン展」で
推奨賞を受賞した特別支援学校に通う
子どもたちの作品を集めた展示会が
別府市美術館で開かれています。

大分県ジュニアデザイン展は
高山辰雄賞ジュニア美術展と並ぶ2大コンクールとして、
県内の図工・美術教育に関わる人から成る
大分県造形教育研究会が毎年開いているものです。

昨年も県内の保育園、幼稚園、
小中学校、高校、特別支援学校の子どもたちから作品を募集し、
およそ8万点の応募がありました。
入賞作品の展示は今年の3月に大分県立美術館で行われる予定でしたが、
新型コロナウイルス感染症のために中止となりました。

入賞作品の内、最高賞である「推奨」を受賞した
特別支援学校の子どもたちの作品およそ40点は
今月8日から別府市美術館に展示されています。

このコンクールは伝えたいメッセージを
色や形、文字などを使って発信する力を育てるために開かれており、
作品では、作者それぞれが訴えたいメッセージを伝えるため、
毛糸や砂などの素材も使い、様々な技法を駆使しながら鮮やかな色で
表現されています。

大分県造形教育研究会の林淳一郎会長は展示作品について
「表現したいものを鮮明な色使いで表現しているものが多く、
うれしさや楽しさが色から伝わり、賑やかな話声が聞こえてくるようです。
いろいろな材料や技法が活かされ、面白く楽しい作品ばかりです」と
評していました。

この作品展は別府市美術館で20日、木曜日まで開かれています。
この会期中、美術館への入館料は無料だということです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2020年8月9日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育/アート
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー