宮本鵬嘉 宮本修 親子展

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2019.2.6
再生時間
2:30

仏像の彫刻を手掛ける宮本鵬嘉さんと
その息子で画家の宮本修さんによる
親子展が市内のギャラリーで開かれました。

この作品展は父の宮本鵬嘉さんと息子の修さんにとって
初めての親子展で、それぞれの作品が20点ずつ展示されています。

父の宮本 鵬嘉さんは福岡県に在住で現在90歳。
サラリーマンを定年退職後、
木材で彫刻をする木彫教室に通い始め、
そこで仏像の木彫に出会い、今では彫刻家の中でも仏像を専門に作る
「仏師」として活動しています。
木材はヒノキやクスノキを使用しており、
十分に乾燥させたものを彫刻刀やドリルを使って彫っていきます。
会場にはこれまで作ってきた作品が並び、
仏像の細かい装飾や表情などが見る人を楽しませています。

息子の宮本修さんは別府市在住の画家です。
油絵具に日本画で使う水晶末という天然岩絵具を混ぜ
ザラつきのある絵具で作品を制作しています。
描かれた絵は、修さんが子どもの頃に身近に見ていた
金属や鉄の廃棄物の山や、SFアニメに影響を受けたもので、
想像した未来の世界でもあり、実際に見た風景でもあります。

会場に展示されている作品のうち小さな作品は
この親子展のためにかかれたもので、
モノトーンの作品の中に時々現れる赤は命を意味しています。

修さんは、子どもの頃、父の鵬嘉さんのかいた絵を見て
同じように上手くかけるようになりたいと思ったことが
絵をかく始まりだったそうで、「今でも物づくりに対する姿勢は
父の背中を見ています」と話していました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2019年2月5日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
アート
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー