別府やさしい日本画教室集合展

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2018.7.3
再生時間
2:31

「別府やさしい日本画教室」に通う生徒さんによる
作品展が開かれています。

日本画は岩絵具や水干などの天然の絵の具を
膠で溶いて和紙や絹に描くものです。

別府やさしい日本画教室は
現在、市内各地区公民館に11の教室があり、
自分の描きたいものを自由に描いています。

この集合展には11教室39人の作品が展示され
作品からは天然の絵の具独特の
やわらかく優い風合いが感じられます。

別府やさしい日本画教室はスタートから10年目で、
この集合展も10回目の節目を迎えます。

先月始めたばかりの人から10年間通い続けている人まで
皆さんの日本画歴は様々ですが
見慣れた風景や静物画など全ての作品からは、
じっくりと向き合って完成させた様子が伝わってきます。

別府やさしい日本画教室を立ち上げ、講師を務める宮森さんは
「10年前、1回目の作品展は5、6人の出展でした。
今後は現在の生徒数の倍である100人を目指して
日本画の普及に力を入れていきたい」と話していました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2018年7月1日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
アート
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー